くらしの悩みをみんなで解決

地元住民の悩みを解決しよう。

あたらしく地元住民とつながり、政策ニーズを知り、メッセージをやりとりできるサービスです。

政治家として登録

現在、 完全無料で提供中です

issuesでできること
地元の無党派層と新しくつながれる

issuesユーザーの約8割が無党派層、残り2割も支持政党の偏りなし。有権者の登録した郵便番号を元に、選挙区単位で地元の政治家の方とのマッチングを行います。

有権者の望む政策がわかる

ユーザーはそれぞれ関心のある政策についての要望を登録しているので、政策立案に活用できます。

メッセージが送れる

地元の有権者ユーザーとプライベートメッセージのやりとりができます。既読率は約8割、返信率は約3割です。

使い方はシンプル

1.政治家ユーザーとして登録

有権者ユーザーが10名を超えた自治体で、市区町村長・議員の方にご利用いただく事ができます。。

現在ご利用いただける自治体

  • ・渋谷区
  • ・中野区
  • ・新宿区
  • ・世田谷区
  • ・大田区
  • ・練馬区
  • ・杉並区
  • ・江東区
  • ・目黒区
  • ・文京区
  • ・北区
  • ・港区
  • ・江戸川区
  • ・中央区
  • ・武蔵野市
  • ・枚方市(大阪府)
  • ・川崎市(神奈川県 / 首長および高津区選出議員の方)

2. 地元の有権者からの要望を確認しましょう

トピックの作成は事務局が行なっています。(一部スポンサード案件を除く)

現在の人気トピック

小学校の欠席連絡をオンラインで出せるようにするべきでしょうか?


教員の働き方改革のため、学校でのICT活用による業務効率化を進めて欲しい!


夏休みなどの学童で手作り弁当の持参を不要に。あなたは賛成?反対?


例えばこんな要望が受け取れます

※プロフィール・コメントは架空の情報です。

他にも有権者のこんな情報がわかります

3.有権者とプライベートメッセージをやりとり

有権者から寄せられた要望を踏まえ、プライベートメッセージをやりとりしましょう。

担当課に問い合わせた、議会で質問したなど、政策の実現に政策の進捗状況を報告すると喜ばれます。

有権者との個別メッセージ画面

現在こんな有権者が
使っています

支持政党の割合(2019/08/28付)

年齢の割合(2019/08/28付)

メディア掲載

運営会社:株式会社issues(HP

廣田達宣

代表取締役



1988年生まれ、慶應義塾大学経済学部卒業。

大学卒業と同時に株式会社マナボ(現:SATT AI ラボ株式会社)を取締役として創業。ベネッセ・Z会などと提携し、スマホ家庭教師manabo事業の立ち上げに5年間従事(同社は駿台予備校グループに売却)。

その後、子育て支援のNPOフローレンスに転職。文京区・子育て支援課の職員らと共に、官民連携事業「こども宅食」の立ち上げに従事。

2018年に同団体を退職後に㈱issuesを創業。保育領域を含めた様々な社会課題の当事者の声を地元の政治家に届け、解決につなげる「issues -くらしの悩みをみんなで解決-」の運営に従事しています。

地元住民の悩みを解決しよう。

よくある質問

以下2つの方法で収益を上げ、持続的に運営していきます。

  1. 政策を提言したい民間の企業・団体・個人からの課金
  2. 地元住民向けのマーケティング・ブランディングをしたい政党・団体などからの課金
なお議員ユーザーの方々には現在無料でご利用いただいております。

将来的には、通常のメッセージ送信などの基本的な機能は無料で、プロフィール画面の充実など更に便利に使える機能は有料でご提供する、いわゆる「フリーミアムモデル」でのご提供も検討中です。

利用する有権者の方々には支持政党を登録してもらっていますが、無党派層が約8割で、残り2割の支持政党にも大きな偏りはありません。

また、私達はイデオロギーでなく「イシュー」を軸に、政策の受益者・当事者である一人ひとりの国民の声を政策に反映させるインフラを創り、様々な社会課題を解決していこうとしています。

そのため、あらゆる政治勢力と適切な距離感を保つことは最も重要な運営方針のうちの1つです。

実はissuesでは現状、全くと言って良いほど攻撃的なコミュニケーションは起きていません。

1番の理由はissuesが「地元の議員さんに実名や住所(町域まで)を明かして要望を伝えましょう」という仕組みだからです。「これからメッセージを送る人に近所で会う事になるかもしれない」という事を意識してもらうような設計にしています。

また他にも「荒らし」を防ぐための以下のような仕掛けがあります。
  1. トピックは事務局が作成し議論の前提となる賛否両方の主張をどちらも併記する
  2. 有権者同士のコミュニケーションは出来ないように(荒れやすいため)
  3. 問題のあるやりとりを見つけたらサービス利用停止なども含め事務局の責任で適切に対応
実際にどのようなコメントが投稿されているのか気になる方は、例えばこちらトピックのページをご覧になってみてください。

issuesでは地元住民から寄せられた要望の中で、各議員が共感した政策についてのみ政策実現に向けた参考にしていただく、という方針で運営しています。

そのため議員の方がメッセージを読んだかどうかは地元住民には伝わらない仕様になっています。必ずしも全てのメッセージにご対応頂く必要はありません。

またサービス改善及びトラブル防止のため、事務局スタッフは内容を適宜確認しております。過度に攻撃的な内容のメッセージを送信する利用者が出てきた場合、サービス利用停止なども含め事務局の責任で適切に対応させていただきますのでご安心ください。

現在、トピックはissues事務局が作成しています。(一部スポンサード案件を除く)

政策検討の前提となる情報を整理して提供し、議員の方々に建設的な意見が届くようにするためです。なおその際には賛否双方の立場の主張を補強する内容をどちらも盛り込むようにしています。

また社会的な関心度の高さなどを考慮して作成するトピックを選定しています。「こんな政策を取り扱って欲しい!」というリクエストがあれば運営事務局までご要望ください。検討させていただきます。

issuesを利用しているあなたの選挙区の住民すべてとやり取りできます。

将来的には、無党派層の有権者+あなたの所属政党を支持する有権者だけとマッチングする、あるいは各政策についてあなたと近い意見を持つ地元民だけとマッチングできるようにする、といった機能の実装も検討しています。

issues上での政治家⇔地元住民のやりとりはプライベートメッセージとなり、外部には公開されません。

なおサービス改善及びトラブル防止のため運営会社スタッフは内容を適宜確認させて頂いておりますのでご了承ください。

issuesは毎週のように改善を重ねており、2019年3月のサービス開始時と比べ現在は大きくレベルアップしています。

改善内容はHPで公開していますので良ければご覧ください。

現在は市区町村議員及び市区町村長の方々のみへのご提供としております。

なお将来的には都道府県議員・知事・国会議員の方々へのご提供も検討しております。