子宮頚がん(HPV)ワクチンのメリット・デメリットの情報を市区町村から提供し、各家庭の判断をサポート。あなたは賛成?反対?

by issues事務局 to 市区村町議会議員

子宮頸がん(HPV)ワクチンは、2013年4月より小6〜高1の女子を対象に定期接種となっており、現在も多くの自治体で対象者は無料で接種できます。

しかし健康被害が問題となり、厚労省は2013年6月より接種の勧奨を一時的に取りやめ、接種率は70%程度から1%未満に低下しています。

定期接種の対象者に対して、市区町村からワクチンの(接種の勧奨をするのではなく)メリット・デメリットの情報をどちらも提供し、接種の是非について各家庭の判断をサポートするべきでしょうか?

編集方針にあるように、本サービスは賛否いずれの立場にも与するものではありません。各種文面の修正提案をいただける方は専用窓口までお寄せください。

なぜ賛成なのか

* 子宮頸がんは毎年、約1万人が... 続きを読む

なぜ反対なのか

* ワクチンは原因の約半分を占め... 続きを読む

コメント

もっとみる

他のトピックを見てみる