HPV(子宮頚がん)ワクチンの利点・問題点をわかりやすく情報提供してほしい

各家庭が接種の是非を判断する材料が足りません
156人が参加
12人の議員が取組中
日本では年に約1万人が子宮頸がんに罹患し約3,000人が死亡しています。2013年4月に小6〜高1の女子に国がワクチン接種を勧奨することになり、現在も多くの自治体で対象者は無料で接種できます。しかし健康被害が問題となり2013年6月に厚労省は接種の勧奨を一時的に取りやめ、接種率は約70%から1%未満に低下しています。

編集方針の通りissuesは賛否いずれの立場にも与しません。文面の修正提案はこちらの窓口にお願いします。

押さえておきたいポイント

  • 厚労省の推計によると、子宮頸がんの生涯累積リスクは罹患:1.322%・死亡:0.321%ですが、ワクチンにより罹患:0.463%〜0.727%・死亡:0.144〜0.209%に下げられます。また厚労省は、様々な調査研究でも健康被害とワクチン接種との因果関係は証明されていないと判断しています。これらが事実であれば、各家庭へのわかりやすい情報提供により接種率が上がり、健康被害のリスクは限定的で、子宮頸がんの罹患・死亡リスクを減らすことが出来ます。
  • 岡山県・愛知県の名古屋市・千葉県のいすみ市などはワクチン接種について住民への積極的な情報提供を開始しました。またワクチン以外にも、子宮頸がん検診やHPV検査により、早期発見して治療する手段があります。
みんなの声で解決した
実績があります
issuesを使って
解決しよう!
あなたの声をお住まいの地域の議員に届けます
役所や議員に直接伝えるのは抵抗がある。そんなときはissuesで気軽に声を届けましょう
困っているあなたの声が求められています
ささいことでも大丈夫。当事者の声は政策作りの材料になり、要望の実現を後押しします
解決に向けて、議員が何をやっているか分かります
声を届けたあとは、進捗報告などのメッセージが届きます。解決にむけて前に進んでいることを実感できます。
よくある質問
Q
周囲の人に知られないか心配です
ご登録いただいたお名前などは地域の議員だけに公開されます。一般のユーザーには非公開ですのでご安心ください。
Q
特定の政党に偏ってないか心配です
政治的中立性を重視しており、自民・公明・立憲・国民・維新など幅広い政党の議員が利用しています。また一般ユーザーの約8割が無党派層です。
Q
どういう議員に声が届きますか?
issuesに登録している、お住まいの地域の議員(現在は区議・市議のみ)全員に届きます。
※現在は20以上の自治体で50名以上の議員が登録済みです。一定数の声が集まった自治体から順にに登録をご案内しています。
Q
どこが運営していますか?
株式会社issuesが運営しています。私たちは政治的な中立性を大切にし、政策×テクノロジーで社会課題を解決するインフラを創ることを目指すソーシャルベンチャーです。
あなたも声を届けませんか?
HPV(子宮頚がん)ワクチンの利点・問題点をわかりやすく情報提供してほしい
賛成・反対のいずれかをタップして、あなたの声を届けましょう!
話題のトピック
小学校の欠席届をオンライン化してほしい
教員の働き方改革のため、学校でのICT活用による業務効率化を進めてほしい!
小学校のプリント連絡をオンライン化してほしい
もっと見る