子宮頚がん(HPV)ワクチンのメリット・デメリット情報を自治体から提供し家庭の判断をサポートすべき?

子宮頸がん(HPV)ワクチンは、2013年4月より小6〜高1の女子を対象に定期接種となっており、現在も多くの自治体で対象者は無料で接種できます。

しかし健康被害が問題となり、厚労省は2013年6月より接種の勧奨を一時的に取りやめ、接種率は70%程度から1%未満に低下しています。

定期接種の対象者に対して、市区町村からワクチンの(接種の勧奨をするのではなく)メリット・デメリットの情報をどちらも提供し、接種の是非について各家庭の判断をサポートするべきでしょうか?

編集方針にあるように、本サービスは賛否いずれの立場にも与するものではありません。各種文面の修正提案をいただける方は専用窓口までお寄せください。

なぜ賛成なのか

* 子宮頸がんは毎年、約1万人が... 続きを読む

なぜ反対なのか

* ワクチンは原因の約半分を占め... 続きを読む

政治家が登録している自治体

渋谷区、中野区、新宿区、世田谷区、杉並区、江東区、文京区、江戸川区、中央区、練馬区、品川区、台東区、板橋区、目黒区、北区、大田区、調布市、大阪府枚方市、川崎市高津区、長野県白馬村

一般ユーザーの数が一定以上に達した自治体から順に、政治家の方に登録のご案内をしています。

おすすめトピック
教員の働き方改革のため、学校でのICT活用による業務効率化を進めて欲しい!

sponsored by 株式会社Libry